デジタルハリウッドアカデミー
お問い合せ

2021年12月15日(水)18:00-19:00

マンガつくりに学ぶ人を惹きつけるコンテンツの作り方~演出編~

こんにちは。田中裕久です。

4回に渡ってシリーズでお送りしてきた
「マンガ作りに学ぶ人を惹きつけるコンテンツの作り方」
いよいよ最終回です。

今回は演出について一緒に考えます。
漫画を作る行程では、「ネーム作り」に入る部分ですが、
主に「主観的演出(自分がどう見せたいか)」と
「客観的演出(自分がどう見られているか)」についてお話をする予定です。

一般的なプロジェクト遂行においても役立つ概念だと思うので、
ぜひ聴いていってください!

みなさまとお会いできるのを楽しみにしています!

【講義内容】
1.はじめに(これまでのおさらい)
2.チャプター1 マンガにおける「演出」とは何か?
3.チャプター2 ビジネスでも役立つマンガ的演出とは?
4.チャプター3 主観的演出と客観的演出
5.おわりに
6.質疑応答・アンケート

<講師>

デジタルハリウッド大学 非常勤講師 田中 裕久

 1975年千葉県生まれ。上智大学国文学科卒業。上智大学大学院博士課程を退学後、マンガ専門学校で文学と文章表現の授業を担当。同時に生徒たちの要望から、売れているマンガの企画やストーリーやキャラ造形などを研究し、多くのデビュー、受賞者を輩出する。2009年には、国内初となるマンガ教室「いるかM.B.A.」を設立。「3ヶ月に1本の短編マンガを描く教室」として、多くのプロのマンガ家を育成。また、これまで4冊のマンガの描き方本を執筆し、海外に向けた翻訳版も出版。現在、国内のみならず、中国・韓国・台湾・サウジアラビアなどでも教鞭をとる。

概要

  • 日時2021年12月15日(水)18:00-19:00
  • 場所Zoom上
  • 費用無料
  • その他・対象者:マンガを例にしたコンテンツ作成に関心のある学生/生徒様、教職員様
    ・必要環境:ネット環境、PC等の端末(カメラ、マイクは無くても可)
    ・定員:300名

申し込む

お問い合せ

どのようなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。
オンライン授業に関するお悩みをお持ちの方に、解決法をご提案致します。