デジタルハリウッドアカデミー
お問い合せ

2021年10月29日(金)14:00-15:30

魅力ある地方大学作りへの一提言~「学修成果の可視化」の実践報告~

現在地方大学は、コロナ禍による人口減少スピードの加速化や、デジタルトランスフォーメーションの急激な進展によりグローバル競争にさらされており、大学の存続に関わり得る極めて重大な局面を迎えつつあります。

 大学が地域から消えるということは、地域から若者や教職員が消え、彼らにまつわる消費や雇用が失われることを意味します。また、大学という「知の拠点」を失うことは、地域の経済的・社会的価値を成長させていくため、新たな時代、知的・人的リソースを地域活性に繋げ、「ニーズオリエンテッドな地方大学」を実現するための教育改革推進が求められています。

こうした中、コロナ禍の影響下で急速に進んだDX、オンライン授業の実践は、まさにSociety 5.0に向けた、新たな教育の取り組みであり、中央教育審議会「教学マネジメント指針」(令和2年1月)や「魅力ある地方大学を実現するための支援の在り方について」(令和3年8月)の内容からも、今後、学生の学修成果を最大化する教学マネジメントが、わが国の教育機関において必要不可欠になってきています。

 今回のセミナーでは、「知的・人的リソースを地域活性に繋げる教育機関」として、「選ばれる地方大学」の実現へのヒントになるような、デジタルハリウッドならではの取り組みをご紹介します。

 具体的には「学修者本位の教育の仕組み作り」「ルーブリック評価」「学修成果の可視化」「ラーニングアナリティクス」といったテーマを以って、デジタルハリウッド大学大学院の2021年度第2Q実技科目の実践報告を行います。

・プログラム:
(0) 魅力ある地方大学作りにデジタルハリウッドが貢献できること
(1) オンライン授業の基礎的な知識と活用
(2) 先生の新たな役割───「これからの教育者のスタンス」
(3) オンデマンド型動画教材───「動画教材=授業の録画ではない」
(4) “学修者本位の教育”の仕組み作り──「テクノロジーとコンテンツをどう使うか」
(5) 学修成果の可視化───「やること・基準がわかる重要性」
(6) 今後の課題~今取り組んでいること、今後取り組みたいこと~
※プログラムの名称および内容は予告なく変わることがあります。予めご了承下さい。

[キーワード]
・オンライン授業
・学習成果の可視化
・ルーブリック
・動画教材

<講師>

デジタルハリウッド大学大学院 専任助教 石川 大樹

※プロフィール https://www.dhw.ac.jp/feature/teacher/ishikawa/

概要

  • 日時2021年10月29日(金)14:00-15:30
  • 場所ZOOM上
  • 費用無料
  • その他・対象者:「魅力ある地方大学作り」「学修者本位の教育」「オンライン授業」「学修成果の可視化」といったテーマを持ち、全学的に教学マネジメントを担当されている教職員様
    ・必要環境:ネット環境、PC等の端末(カメラ、マイクは無くても可)
    ・定員:300名

申し込む

お問い合せ

どのようなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。
オンライン授業に関するお悩みをお持ちの方に、解決法をご提案致します。